interview 02

 DATA:香川県三豊市 K様

建てようと思ったきっかけ
「デザインと性能がちょうど良いバランス!」

マイホームはもともと建てようと考えていました。前はマンションに住んでいて、実家に帰ることも検討していたんですが、二世帯で暮らせる広さでもないし年数も経っていたので・・・。後はタイミングだけでした。妹が石川組さんで建てて、自分たちも家を建てようと考え始めた時にコンタクトをとったのがきっかけですね。
実は、他のハウスメーカーさんも視野に入れて検討をしていたんです。三社で悩んでいて、一つ目はデザイン重視。二つ目は木の質感を重視した会社。そして、三つ目が低燃費住宅です。一つ目は「希望する広さでこの金額では建てられませんよ」とハッキリ言われてしまったので諦めました。あと二つの内どちらにするかを考えた時に初期投資がかかってでも、やっぱり住み心地を重視したかったです。住み心地とデザイン、トータルで良かったので、それが決め手になりました。


写真:K様ご家族


低燃費住宅の住み心地
「行きたくない部屋がない!」

マンションとは全然違いますね!!住んですぐ分かりました。やっぱ暖かい、違うなぁって。主人ともしょっちゅう「快適やなぁ」って話してます。一番びっくりしたのは、前までは朝起きて布団から出たくなかったけど、今はそれがないことです。朝起きて、この時期(1月)でも主人はずっと半袖半パンで過ごしています!私は寒がりなので、温度計が20度切ったらエアコンを入れているんですが寝室のエアコンはつけたことはないですね。寝るときは羽毛布団一枚ですが、それでも暑くなるくらいでした。

以前は冬になるとお風呂場が寒かったので、嫌だなぁと思っていました。今はお風呂場は本当に寒くなくて、低燃費住宅の良さが実感できています。普通の家だったら寒くて行きたくない所でも、行くのが苦にならないです。

天気が良く暖かい日はエアコンがいらないです。マンションの時はパジャマも分厚いフリースのものを着て、その下にも暖かいインナーを着ていました。それでもやっぱり、お風呂上りにテレビとか見てると寒くなったりして、毛布をかぶったりしてました。今はパジャマも薄いものでも大丈夫!本当にありがたいです。

あと、この場所は物干し台が倒れるくらいの風が結構吹くんですけど家の中にいたら静かで気づかないんです。雨とか降っても気づかないし、すごく静かですね。外に出てびっくり!なんてこともしばしば。。。!子供が小さいので、太鼓をドンドンたたいたりとか大きな声出したりするんですけど、外に出たらほとんど聞こえません。壁が分厚いのって違いますね。


周囲の反応は?
「周りの人も興味津々」

祖母が施工の段階からよく来てくれていました。「基礎からして、昔の家と違う!最近の家はすごい!壁の分厚さもすごい!」と言っていました。
祖母は自分の家を建てるのを見ているので、興味津々でした。建ててからも毎日来てくれるのですが来るたびに「やっぱり暖かいわぁ~」と感動しています。8月ぐらいの暑い時期に内装工事をしてもらっていたんですが左官さんも「この現場涼しい!」って言われていました。


最後に….、 K様邸の「我が家自慢!」

「回廊式の間取り」
実現したかったこだわりを温めていました。無垢の床の足触りがすごくいいです。主人は車やバイクが趣味なので、ワークスペースと車庫が希望で後は私に任せてくれました。回廊式の間取りで、子どもがよく追いかけっこなどをして遊んでいます。あまりごちゃごちゃ物を置きたくなかったので家の真ん中に大きなウォークインクローゼットを設けました。

「扉の色」
扉の色もこだわって、白と木目の二色にしました。寝室など、プライベートな空間の扉は壁と同じ白色に。リビングなどには、自然に誘導できるように木目の扉にしてあります。リビングの家具は、イメージもぴったりだったので、以前マンションで使用していたものをそのまま使用しています。

「キッチン」
ここにはこれを置こう!!家を建てたらこうしよう!!ってずっと自分の中で温めてきました!集めていた小物や雑貨を棚に置いて並べている瞬間が至福の時でした!キッチンカウンター下の引き出しは後から購入したんですよ。子供が全部開けて回っちゃうので、下の方には子供のものを入れてあります。キッチンに隣接しているスペースの壁はホワイトボードになっていて、子どもが学校から持って帰ったプリントなど、色々貼れるので便利です。

「庭」
庭でBBQをしました。僕は外で焼いて、子どもたちは暖かい家の中で焼きあがったものを食べていました(笑) お家の中は暖かいですからね(笑)
夏になったら庭にテントをはってキャンプもしたいなと思っています。僕が20歳の時に両親が実家を建て替えました。大学進学で親元を離れていたので、新築した家で過ごす時間があまりありませんでした。なので、家を建てるんだったら子供が小さいうちに建てて、新しい家で少しでも長く過ごせるようにと思っていました。

 

K様ご家族様、ありがとうございました。

 

Share