秋バテに要注意!?

こんにちは!
なかやまです!

台風24号が通り過ぎましたが、次は25号が発生していますね。。。
もしかするとまた週末に日本を横断するかも!?と言われています。。。(;´Д`)雨が続いて体調を崩されていませんか?そこには「秋バテ」という症状が潜んでいるかもしれません。

猛暑の後は「秋バテ」が増加すると言われています。
眠れない・だるい・食欲がないetc…。
この原因はズバリ!秋の寒暖差です!!

秋は1日で10℃以上の気温差がある日もよくあります。
人は寒さを感じると手足の末端の血管から収縮していき、「深部温度」が外に逃げないようにします。「深部温度」とは、脳や内臓が正常に活動するため、常に一定の保たれている温度のことです。しかし、自律神経が乱れると、寒さを感じてもその機能が働かずに「深部体温」を逃がしてしまいます。

寒暖差が大きいこの季節は、寒さを感じると優位になる交感神経と暑さを感じると優位になる副交感神経のバランスがが崩れ、だるい・寝付けないなどという秋バテ症状を招いてしまいます。

その対策としては、日ごろからの有酸素運動!
運動習慣を身につけておくことで、自律神経が整えられ秋バテ予防になります!(; ・`д・´)

芸術の秋・運動の秋・食欲の秋…いろんな秋がありますが、どんな秋にされますか?はやくスカッと晴れてもらって外へ出て身体を動かしたいですね!!

Share