answer:01

 

未来の子どもたちのために
妥協しない家づくりを

 

Wellnest Homeは「低燃費な家」です。皆さんは「低燃費な家」と聞いて、どんなを思い浮かべますか?

「燃費」と聞くと車をイメージする方も多いでしょう。「低燃費な家」=「燃費がいい家」という意味です。もう少し噛み砕いて言うと「少しの燃費で過ごすことができる家」ということなのです。

「低燃費な家」=「未来のどもたちのための家」

私たちは「未来の子どもたちのため」の家づくりを理念とし、極力エネルギーを消費しない家づくりを目指しています。限りあるエネルギーのことを考えると、不安になりませんか?未来を担う子どもたちに残すのは「エネルギー」だけではなく「エネルギーを極力消費しない未来」です。

つ」の約束

日本の住宅は寿命が短すぎる!」というのが代表の口癖。世界の住宅寿命は80年から100年が一般的とされる中、日本は30年から40年。想い出もいっぱい詰め込んで、ローンを返した頃には住めなくなって建て替る、ということも実際にある話なんです。

家とは「周囲の環境から住居者の快適な生活を守るもの」です。「周囲の環境」とは何も台風や地震だけではなく、湿気からくるカビシロアリもそれに当たります。それらは私たちが気づかないうちに、家を劣化させ、健康をも脅かしています。

しかし、健康的に住まうために陥りがちなのが「電気を消費する家」にしてしまうことです。冷暖房機器、加湿・除湿機などの家電や床暖房などの設備をフル活用し、電気を大量に消費する。家計に地球に優しくない家が良い家と言えるのでしょうか。

健康的」に「エネルギーを極力消費しない」で「長く」住める家。Wellnest Homeが皆様にお届けしている家です。

妥協しない世界基準の「づくり」

私たちは妥協しません。「高気密・高断熱・高耐久」などの性能が世界基準であるために、環境先進国ドイツに赴き、最先端の技術と知識を「Wellnest Home」に注ぎ込んでいます。

過去の「東日本大震災」は「Wellnest Home」発足のきっかけとも言える出来事でした。地震だけでなく、原発の恐ろしさも痛感した「東日本大震災」。脱・原発を誰もが願ったのではないでしょうか。

だからこそ、「ここまでの性能はいらないかも」と私たちが妥協してはならないのです。脱・原発した「持続可能な未来こそ、私たちWellnest Homeが子どもたちに残したい社会です。

 

我慢しなくても
意識しなくても
自然と省エネな家

 

01:100年先まで住める家。

Wellnest Homeは「耐久性」にもこだわり抜いた住宅。耐震対策3の取得、シロアリによる劣化対策として「ハウスガードシステム」の採用、カビの原因となる結露対策としては調湿効果のある建材を使用。他、ドイツ直伝の様々な特殊工法や建材を採用し、メンテナンス費も最低限で抑えた「孫の代まで住める長寿命の住宅」を建てています。

また、無垢のフローリングが標準仕様です。無垢材の長所はなんといってもその温もりですが、他にも調湿機能があり、その機能は合板フローリングの約8倍と言われています。さらに無垢材は最低30年から50年、きちんとメンテナンスをすると100年以上はご使用いただけます。


耐震等級3・ハウスガードシステム・結露・無垢のフローリング

 

02:温度によるストレスがない家。

「温度差」によるヒートショックは有名ですね。それだけ身体がストレスを感じているとも言えます。標準仕様でC値0.3以下、UA値0.28以下のダブル断熱工法。220mmもの分厚い壁と、U値0.78W/m²kという世界トップクラスの「トリプルガラスの樹脂窓」がもたらす高い気密性能と断熱性能。建物が真夏の暑さや真冬の寒さに影響されにくく、室内の温度・湿度が一定に保ち、かつ、冷暖房は極力使用しない。一年中快適な「春」のような室内空間を提供しています。


ダブル断熱工法・アルセコ外断熱システム・セルロースファイバー・C値・ UA値・U値・セルロースファイバー・トリプル断熱ガラス樹脂窓

 

03:キレイな空気の家。

熱交換型の換気システムを採用。室内の快適な温度を変えることなく、24時間キレイな空気を保ちます。内壁は100%自然素材の塗装下地壁紙に、ホタテ貝を使用した漆喰。ホタテ貝殻は高い消臭効果を長期にわたって維持することが可能です。また、湿度が高いときは湿気を吸い込み、低いときは吐き出す調湿効果もあり、室内の不安感を軽減します。


ルナファーザー・ルナ漆喰・熱交換型換気システム

 

04:騒音から守られている家。

分厚い壁と窓の高気密・高断熱は高い遮音性にも優れています。Wellnest Homeが採用しているセルロースファイバーという断熱材は吸音材としても高い性能を持っています。外からの騒音はもちろんですが、中の音も外にほとんど漏れないので安心です。


セルロースファイバー

 

05:年間光熱費が8万から10万円で健康的に住める家。

Wellnest Homeは自然の力を最大限活用しています。季節によって異なる太陽の光を計算し、風の力を活かし、自然な室内空間を作り出します。それにプラス、これまで紹介した工法や建材の効果により光熱費が年間で8万円から10万円で住むことができます。その証明として、日本で初のエネルギーパス発行という実績を持っています。他、メンテナンスフリーの外壁や構造材のため、改修費のコストも削減と、ライフサイクルコストとランニングコストが低い家が実現しました。


ランニングコスト・エネルギーパス・ライフサイクルコスト・ランニングコスト

 

もっと知りたいというあなたにオススメのページがこちら。

・本部ポータルサイトWellnest Homeの本部サイト

・YouTubeサイトWellnest Home(低燃費住宅)の全てが分かる動画集

低燃費住宅のBook家づくりの指針とも言える本

 

Back

Share