【お金の話:③-6】 投資はした方がいいのか!?その3 非課税でできる投資がある!?

こんにちは!なかやまです。 今回前回の続き(第3弾)で、資産運用についてです 

 

少し具体的なお話しになりますが、「NISA」という言葉をご存知でしょうか? 

「NISA」は2014年に国が、証券市場の活性化の為に導入した制度です。現在、一般NISA、ジュニアNISA、つみたてNISA(2018年に追加)の3種類があります。 

 

その特徴は何といっても、非課税口座であることです。通常は、株や投資信託の利益に対して20.315%の税金がかかります。つまり、投資して10万円の利益が出たとしても、2万315円の税金を払わなくてはなりません。これがNISA口座で利益が出た場合は、0円です。税金を払わなくてもいいのです。 

 

しかし、そのメリットを受けるには、少し制度を理解する必要があります。 

2018年に導入された、つみたてNISAでは、口座はもちろん1人1口座しか開設することは出来ません。毎年新規で投資できる金額の上限は40万円で非課税期間は20年間というのがルールです。 

 

ポイントはNISA「つみたてNISA」のどちらかしか選択できないという点です。 

NISAは、新規投資額が年間で120万円と金額枠は大きいのですが、2023年までと決まっているので、今から始める人は、つみたてNISAの方が結果的には非課税枠が大きくなります。 

 

しかし、デメリットもあります。 

通常の株や投資信託の場合、その年Aという特定口座で30万円利益が出て、Bという特定口座で損失が出た場合、利益30万円と損失30万円で差し引き0円ですから税金はかかりません。しかしNISA口座ではそれが出来ないのです。(NISA口座内での損益通算もできません) 

購入した商品が全て利益を出すというわけではありませんから、このあたりもしっかり考えて利用する必要があります。 

 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)