お金の話:②保険って必要?? 

 こんにちは!なかやまです! 

家づくりを考えている中で切っても切れない話題がお金の話です。 

前回は教育費のお話しでしたが、今回は保険についてです! 

生命保険、医療保険、がん保険、損害保険などなどいろいろな保険がありますが、 これから何回かに分けて書いていければと思います! 

 

今回は、生命保険に入るべきかどうか?ということについてです! 

日本人は生命保険大好き国民です。(笑) 

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」2018(平成30)年度のデータをみると、1世帯当たり平均保険料は1年で38.2万円。30年で1,146万円になります。 

 

しかし、実際はこれだけの金額を払っている実感はありません。 

それはほとんどの場合が、月々の支払だからです。 

まずは、一生涯で相当な額のお金を払うのが生命保険だという意識を持ってください。 

 

保険に入るときのきっかけは、なんとなく入ってしまった、、親が加入してしてくれていた、、お付き合いで、、などあまり深く考えないで加入しているケースがほとんどです。はたして生命保険は人生にとって本当に不可欠なものなのでしょうか?? 

 

そもそも生命保険は、自分が死んだときに困る相手にお金を残すためのものです。 

子どもが小さいのに、一家の大黒に先立たれてしまっては、奥さんはとても困ってしまいます。生命保険とは、そんなときのための保険なのです。 

 

まずは、「本当に必要なお金」がそのくらいなのか?を見極める。 

そして、いくらぐらいの保険がいいのか?今の自分に本当に必要なものを考える。ことがとても重要だと考えます。 

 

 

 

*

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)