ゆるっと生活13-本末転倒-

みなさん、こんにちは
広報担当のおまつです。

大変私事ですが、先日、腰を痛めました。

年齢は重ねても、気持ちはそれについて行っていない・・、という話を聞いたことはありませんか?
「気持ちが若い」というニュアンスの話ではなく、歳を重ねることで否応なしに老いていく自分の身体の変化を把握し切れていない・・という感じの話です。
今回、まさにそれでした(笑)

せっかくの健康住宅に住んでいるのに、他を疎かにしてはいけない!・・・と、新しい年となった1月から風呂上りにストレッチまがいなことをしておりました。若かりし頃にしていた、筋が伸びて気持ちい自己流のストレッチ。それが仇となり、腰を痛めました。健康のためにはじめたのに、健康を損なう・・・まさに本末転倒_(」∠ 、ン、)_

実は、本末転倒な出来事は家の住み方にもあります。
まだまだ寒さが続く2月。
ウェルネストホームにお住まいの方はぬくぬくとした生活をお過ごしのことでしょう。
そして、春が近づき外の気温が暖かくなってくるとやってくるのは「花粉症」・・・だけではなく、「窓を開けたくなる病」です。

日本は昔から外の風を取り入れることで、家の調子を整えておりました。その風習も手伝って、窓を開けたい!っと思う方が多いようです。
が!
この窓開けは要注意です。
外の空気は気持ちよく感じても、実際に質の良い空気かは別です。
せっかく適温適湿の家の中の空気に、適温多湿の空気が入ってくる可能性もあるのです。

良かれと思った空気の入れ替えが、家の状態を悪くしていては本末転倒。
まだまだ寒いですが、春先、暖かくなったからと油断してはいけません。
住まいかたに不安がある方、もっと詳しく知りたい方は、スタッフにお気軽に質問してみてくださいませ!


お読みいただき、ありがとうございました(*・ω・)/‘’’

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)