湿度について:その1

こんにちは!なかやまです。 

今回は湿度の巻です。ウェルネストホーム(以下、WH)のお家は湿度をコントロールできるお家です。なので湿度の特性などについてもっと知っておくと、もっと快適に暮らしやすくなるはずです!(^^♪ そこで今回は湿度についてもう1(2度3度!?)お伝えしたいと思います! 

  • 暮らしやすい湿度はどのくらい??

結論から言うと、夏は60%以下 冬は40%以上にしたいです。 

快適な湿度は、相対湿度で50%くらいが快適とよく言われます。60%を超えるとジメジメするし、カビやダニも発生しやすくなります。また冬に40%以下になると、インフルエンザにかかりやすくなります。 

 

 

  • 相対湿度と絶対湿度とは?

一般的に使われているのが相対湿度(%)です。 

また、空気中に水蒸気として存在する水の割合が湿度で。その割合というのは、「実際に存在する水蒸気量」が分子で、「空気中に保持できる最大量の水蒸気」が分母になります。 

やっかいのは、空気は温度によって、水蒸気を保持できる最大量が大きく変化するので、ここでいうと温度によって分母が変化していくことになります。 

 

つまり、27℃40%の空気と23℃70%の空気だとどちらが快適なのか?何を基準に判断したらいいのか?判断がつきにくくなります。これには外気との差も関係してきますが、それはいったん横に置いておきます。 

 

ここで判断基準としてでてくるのが、絶対湿度です。 

絶対湿度は、1立方メートルに存在する水蒸気を質量(g)で表します。 

 

今回は、ここまでです! 

湿度には、相対湿度と絶対湿度があるということ。 

相対湿度は(%:割合)で表し、絶対湿度は(g:質量)で表すことを覚えておいてください。次回は絶対湿度を掘り下げてみたいと思います!(`・ω・´) 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)