ゆるっと生活05-家の収納-

みなさん、こんにちは
広報担当のおまつです。

家を建てる際に、悩んだのは収納です。
収納を多く撮りすぎると家中の温度にムラが出来やすいのであまりよくありませんが、欲しいと思うのが妻心というもの・・・。でも、我が家は小さな平家で大型収納を取ると、居住スペースが狭くなってしまいます。
なので、色々駆使し、デッドスペースに収納をゲット!

チマチマとした小さめの収納を各所に設けました。少量ずつですが、結構便利です。キッチン用品はキッチンの側、というように、収納は用途ごとに収納するのがオススメ。

可動式の棚がやっぱり便利ですね!入れたいものが高さで入らないの辛い!あと1センチ!!!とかありませんか?

家の色々な仕様を決める際、現場監督兼旦那さまに、高さは?個数は?どこにいるの??とか、質問攻めにあいました。
しかし、仕事をしていて、かつ、妊娠中の私には、そのあたりを細かく決めるのが面倒・・・、いえ、気力がなく、「稼働棚で!」とか「スペースだけ空けといて!」とか、住んでからなんとかしていくパターンを選びました。意外とこれでいけます(笑)

私も詳しいことはわかっていませんが、標準的な高さ、幅にしていれば、後買いの棚とかも綺麗に入ります。というか、基本的なサイズがあるんでしょうね。収納ボックスなんかも、ぴったり入ります。


それもあって、我が家の唯一と言ってもいい、1畳分ぐらいの大きさがある収納にも何の仕切りもありません。後からニトリなどでチェストや引出し収納を購入して整理しました。便利な突っ張り棒式の棚とかもあります。強度はやや不安があるかもしれませんが、自分の必要な高さで棚を作れるので便利!
ある意味で無駄がありません。
何より、上手く収納できたときの気持ちよさったらありません(笑)
よく一人で「入るやん!」「ぴったり!」「さすが私!」とか言いながら、片付けをしています(笑)

可動棚の個人的なデメリットといえば「見た目」ですね。
どうしても設置用の金具が見えてしまいます。これは扉をつけてカバーするしかありません。

造作の棚とか、見せる収納とか憧れますが、これは扱うのが難しい・・・。
特に飾っているものに埃がつくのが好きではなく、小まめに掃除するのも面倒・・、手間がかかります。
私には合ってなかったようです(笑)

という感じで、今回はここまでです。
次回は大型収納と洋服の収納でこだわった点をご紹介♪( ´▽`)

お読みいただき、ありがとうございました!(・н・)ノ

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)