ゆるっと生活02-湿度に気をつけろ-

みなさん、こんにちは
広報担当のおまつです。

まだまだ暑さに油断ならない時期ですね。
けれど、朝晩は涼しい日があったりして、まさに季節の変わり目。
体調には気をつけたい時期でもあります。

そして、ウェルネストホーム に住んでいる方からすれば、室内の空調に悩む時期でもあるのではないでしょうか?
春先や秋口になると、「エアコンどうしよう・・・」となりませんか?

私は根っからの勿体ない精神で育ってきたので、外が過ごしやすいと、エアコンを切って窓を開けたくなります。
実家でもそうしてずっと過ごしてきたので、習慣的に外の空気を入れたくなってしまうんです。

が!
この時期が何気に要注意です!
過ごしやすいからと言って、安易に窓を開けてしまうと取り返しのつかないことになります。
注意すべきは「温度」ではなく「湿度」です。
気温がちょうど良くても湿度が高い場合は、せっかくベストな室内環境に大量の湿気を入れてしまうことになり、涼しくなるどころか、余計に蒸し暑くなってしまうことも。さらに、温度を下げるだけでなく、除湿もしなければならないので、余計にエアコンが動いて電気代が上がってしまうこともあります。

なので、窓を開けるときは本当に注意が必要。
どうしても開けたい人は外の温湿度をしっかり確認しなければなりません。

私の場合はそう言った管理が面倒・・・、いえいえ、難しいので、極力エアコンを稼働したままで、エアコンがなくても過ごせるようになるまでは、窓を開けないようにしております。あとは、うちの旦那様が大の虫嫌いなので、極力開けてくれるなと、念を押されております(笑)
また、前の投稿でもお伝えした通り、私の家は道路沿いなので、排気ガスや音が気になるので、そう言った意味でもあまり開けません。

そもそも、家で過ごしている人や入浴時、調理時などにも、たくさんの湿気が発生して、湿度は常に変化しています。私が特に気にしているのは、やっぱり風呂場と寝室です。寝ている夫婦と息子の三人から発生される蒸気は侮れません(´・ω・`)
ただ、丸一年過ごしてきましたが、劇的に湿度が困ったことになった!!ってことはありません。

気をつけるのは「過度な」行動です。例えば・・。


湯気たっぷりの浴槽の扉をあけて、洗濯物を干す。


個室を締め切った状態で数人で就寝を続ける。


外の湿度が高いのに、窓を開けて換気をする。


などなど。
ごく一般の住宅でもNGな行動です。

皆さんも生活をしていて、「うーん、これは??」っていう行為があれば、ぜひ、うちのスタッフに聞いてみてくださいませ。
また、ウェルネストホーム のYouTubeでは、我が社の創業者である早田宏徳が「一問一答」という形でお客様から寄せられる質問に対して動画でお答えしています。
とてもわかりやすく、ウェルネストホーム のあれこれが色々わかります。
ぜひぜひ、覗いて見てください!

ウェルネストホーム YouTube

お読みいただき、ありがとうございました!(・н・)ノ

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)