ゆるっと生活01-防音が凄いぜ-

みなさん、こんにちは
広報担当のおまつです。

今回より始まりました、ゆるっとシリーズ。
ウェルネストホームに住み始めての生活をメインに
ゆるっと報告する、タメになるような、ならないようなシリーズです。

ウェルネストホームに興味を持ってくださった方にとっては
聞いたことがあるようなお話ばかりかもしれません。
そこはご容赦くださいませ・・。

タイトル通り「防音」についてです。
私が住み始めたのは4月と季節の頃合いもいい頃だったので、温度や湿度に感動するよりも先に「防音」に感動してしまいました。

私が家を建てた場所はもろ道路沿い。
街灯がないほどの田舎道ですが、そこそこ車も通り、よくダンプカーも通るので、意外と五月蝿い道です。
そして、同じ道沿いに私の実家も建っています。車で3、4分といったところでしょうか。

実家で暮らしていた頃、家の中でも道沿いの部屋が自室。
慣れていたので、酷く不快に感じることはなかったですが、主に被害を感じるのはダンプカーが通った時。その時はまず、すべての音がかき消されます。

テレビのいいところで「ブロロロロッ!!!」
母親との会話の重要なところで「ブロロロロッ!!!」
私が話しかけようとしたところで「ブロロロロッ!!!」

テレビに関しては、本当に何度辛い思いをしたことでしょう。

さらに酷いのが振動です。
築40年が来ようとしている木造平屋の実家は、ダンプカーなどが通ると、振動で窓枠がカタカタ音を立てて揺れます。微弱の地震かと思うくらいです。

そんな生活をしていたから、道沿いに家は建てまいと思っていましたが、諸々の条件に一致してしまった道沿いの土地。悩みましたが、ウェルネストホームの家を建てるし!っと、強気で決定。

途端、その道にダンプカーは通らなくなりました・・・。

っと、思うほど、騒音を気にしなくなりました。
振動はもちろんのこと、台風の雨風にも気付かないので、台風災害が起こった際には逃げ遅れるかもねと夫婦での笑い話になったり。実際は笑いごとではありませんが・・(・н・)

以上、道沿いに家を建てたけど静かだったよ。と言うお話でした。
お読みいただき、ありがとうございました!(・н・)ノ

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)