石川組にはいる

みなさん、こんにちは!
くうねる・サンダンスです。

住宅会社にとって、TVコマーシャルやWEB広告以上に大事なのが、建築現場での宣伝です。

現場にスピーカーを付けて、「ご近所のみなさま、○○工務店がお住まいを建築中です!ご興味がある方は、どうぞお問合せ下さい!」
なんて、もちろんやっていません。
ご近所の皆さんから、興味どころか間違いなく怒られますね(笑)

現場での宣伝は、あくまで静かに且つ大胆に!が鉄則です。
なので、現場で必ず設置する仮設資材に、○○工務店とか、ロゴマークなどを入れてアピールしています。
敷地を囲っている工事用の仮設フェンス、建物周囲の足場を利用した垂れ幕、はたまた仮設トイレを覆うシートにも社名が。。。
これでもか、というぐらいにアピールしてますね。

でも普段目にしている町の風景の中に、あそこにもここにもと現場が点在している事が自然と意識の中にすり込まれて、大きな宣伝効果を生みます。
街の中に広告塔や看板をたくさん設置するのは、費用もかかりますし場所も限られます。
お住まいを建てる方で、ご自身の住まいの現場で、建築会社の名前をアピールしないで下さいという方はほとんどいらっしゃいません。
つまり、自ずと建築会社の宣伝にご協力頂いているという事です。

そして、ここまで社名が入っている!というのがこの写真です。

主に外壁サイディングの下に貼る透湿防水シートと呼ばれるものです。
雨水の浸入防止と壁内部に湿気を溜めないといった、衣類で言うとゴアテックスのような機能を持った優れたシートです。
サイディングを貼ってしまうと隠れて見えなくなってしまう物ですが、外壁全面に貼るので、しばらくは建物全体が社名に包まれる感じで結構目立ちます。
最近は、このシートに社名を入れている現場を多く見かけますね。

WELLNEST HOMEでは、訳あって外壁サイディングを使う事がほとんどありません。
その理由はこちらをご覧ください↓
https://www.youtube.com/watch?v=yV5RFcwPjco&list=PLdPkORZ22tnMSBol9nXvKmu3eIyc3IAIj&index=7&t=14s


この写真はWELLNEST HOMEの現場なんですが、建物の一部だけが外部使用の物入になっている為に、そこだけアクセントでガルバサイディングを貼ります。

施工をしてもらっている石川組さんの社名がしっかり入ってますね!
そして大工さんが仕事をしてるこの絵、味が有っていいと思いません?
子供の絵なんですが、今はちゃんと大工さんになって石川組のお仕事、WELLNEST HOMEの住まいを棟梁として造り続けてくれてます!
子供の頃の夢がかなった棟梁の思いに包まれた、大事な住まいを造り続けてくれてます!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)