電気とおうち

こんにちは。WELLNEST HOME 現場部隊 山ちゃんです。

現場管理に車を走らせながらふと思うことがあります。
『太陽光発電のパネルが載ったおうちが増えたなぁ~』って。

ちなみに、太陽光発電をずいぶん昔に設置したなぁ~と感じている方、そういえば実家の屋根に太陽光発電が載っかってたなぁ~。と思い出した方!“太陽光発電の2019年問題”って知っていますか?

太陽光発電(10kwh以下)を導入された際に、発電して消費した後の余った電力を電力会社さんへ売る。という、契約をされているかと思います。かつ、その契約では10年間は単価を据え置きで買い取ります。となっているかと思います。その“10年”が肝で、制度がスタートして2019年で10年が来るのです。

制度初期に太陽光発電を設置した方は2019年に期限の10年を迎え、それ以降の買取価格(単価)がまだ不透明。。。10年以降も買い取ってくれるのか? 買い取ってくれるのであればいくらなのか?・・・

そこで、最近では住宅メーカーや電機メーカー、自動車メーカーまでもが新たな取り組みを発表しているのです。

そのひとつが“V2H”。この言葉を聞いたこと、見たことありますか?
『Vehicle to Home』の略で、自動車と住まいの連携といったところでしょうか。

これまでは日中に発電した電気は自家消費し余った電気は売っていましたが、買取価格が安くなりすぎると余った電気を売るよりも自家消費して少しでも電力会社さんから買う電気の量を減らした方がお得になります。そこで、電気を“貯める”と“使う”の技術が必要となるのです。

今回の“V2H”はその“貯める”と“使う”をうまく融合させた技術

例えば・・・
“貯める”は蓄電池に貯める。
“使う”はこれまで夜間に沸かしていたエコキュートを日中に沸かして消費する。 などなど

でも、これを両方いっぺんにできると便利だと思いませんか?

そこで、“V2H”
最近では街中でもよく目にする“電気自動車(EV)”
このEVのバッテリーを使って“貯める”と“使う”を両立するのです。
日中の駐車している間に“充電(貯める)”、移動の時に“使う”、夜間に車から家に向かって“給電(使う)”

まだまだスタートしたばかりの技術ですが、これからはいろいろな製品も出てきて選択肢も増えてくることが予想されます。また、その時に住んでいる建物が省エネな建物であれば、より快適に、無駄のない電気利用が可能だと思います。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)