エアコンとの付き合い方

こんにちは。WELLNEST HOME 現場部隊 山ちゃんです。
暑かった今年の夏も終わり、朝晩は寒さ感じる秋の訪れ
我が家のエアコンもしばしのお休みです。


先日、冬の稼働・来年の夏の稼働に向けてエアコンと吹抜けのシーリングファンの大掃除を行いました。どちらも夏の間に頑張ってくれていたので、たくさんのホコリの猛攻を受けていました。我が家ではまだまだ暖房の出番はなさそうですが、今のうちに戦闘態勢を整えてっと・・。

そんなこんなしていると思いだしました。
今年の夏は“エアコンから水が・・・”っていうSOSコールが多かった気がします。電気屋さん曰く、ウェルネストホーム(低燃費住宅)のOBさん以外でもSOSコールは多かったようです。

では、なぜエアコンから水が出るのか? この水はどこから来たのか?
この水の正体は冷房時に空気中の湿気を結露させ、除湿している結露水です。

エアコンから出水の多くは排水管(ドレン管)の詰まりや冷媒管の結露水などが原因です。排水管(ドレン管)の詰まりはエアコン室内機側からホコリなどが入り込み配管を詰まらせてしまったり、排水管の外部出口より虫が浸入したり、最近ではお掃除ロボなるものが搭載された機種も多く、意外とこのロボが曲者だったり・・・

冷媒管の結露では、室内の湿度が高く冷媒管の保温材に不足部分があると、その部分で結露を起こしてポタポタ。。。なので、エアコンを長持ちさせ、効率よく運転させようと思うと機能に頼りすぎず、こまめな掃除とこまめなチェックが必要です。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)