微動探査調査とは?

こんにちは!なかやまです!
どんどんと秋めいて日中は気持ちがいいですね!
朝晩は肌寒くなってきましたので、体調には気を付けてくださいね!

さて、先日「微動探査調査」の研修を受けてきました。
その「微動探査調査」についてちょっとお話しさせて頂ければと思います。簡単にいうと、地盤の揺れやすさの調査です。

例えば…
同じ町内に住んでいるAさんとBさんがいます。
同じ震度3だったのに、Aさんは「あまり揺れを感じず」、Bさんは「あんなに揺れたのに震度3だったの?」という体感だったそうです。

これはBさんの気のせいではありません。
実際に報道されている震度よりBさんの家は揺れていたのです!(;´Д`)

それはなぜなのでしょう??

答えは、「表層地盤増幅率」という、その地盤の揺れやすさが関係しています。熊本で起こった大地震でも、家1軒・通り1本挟んでも被害状況が異なっていました。ある場所では揺れが2倍以上増幅した地域もありました。

地盤の揺れやすさ(微動探査)と地盤の丈夫さ(地盤調査)は似て非なるものです。大雨や強烈な台風、大風などハザードマップも大切ですが、実際に家を建てる地盤の揺れやすさも考慮していきたいと思います。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です