高気密住宅と虫さんの話

こんにちは!
ウォーリー・Kです!

高気密住宅は、ほとんど隙間のないお家です。
隙間がないということは、隙間風が入らなければ、女性が嫌がる虫さんも入らないと言えるでしょう。

WELLNEST HOME が手がけるお家は、ご入居されたオーナー様から、お家の中で大量に虫が出ましたといった相談はありません。気密工事をしっかり行いほとんど隙間のないお家なので、虫さんが侵入してくることはとても少ないように感じます。

これまで『虫が出た〜』と言った苦情的な相談はありませんが1件だけレアケースがありました。

ご連絡を頂きすぐさま現場へ急行!
すでにご主人が退治したあとだったので、捕まえてもらっていたサンプルを二匹持ち帰らせて頂きました。図鑑をチェックすることおよそ1時間、サンプルと同じ虫さんがヒットしました!図鑑によるとこの虫は穀物に発生することが分かりました。

みなさんもこんな経験はありませんか?
米びつの中で凄〜く小さなカブトムシ風の虫さんがウヨウヨ…
まぎれこんでいるといつの間にやら大量に増えます。

ご相談頂いたケースはあずきに発生する虫でした。

早速奥様に電話で事情を説明
ウォーリー『最近あずきを家に持ち込まなかったでしょうか?』
奥様『なんで分かるんですか???。確かに数日前知り合いから頂きました。』
ウォーリー『それは今どこにありますか?』
奥様『パントリーに保管しています』
ウォーリー『犯人(虫さん)はそこだ〜!』

ご主人にパントリーを確認して頂くと予想通り袋の中で大量に発していました。ナイロン袋の口をしっかり結んでいたとのことでしたが、その僅かな隙間から逃げ出したようです。

すぐにあずきは処分して頂きました。
それ以来虫さんとは無縁の生活をお送りいただいています。

このように内部で大量に発生した虫にはかならず何かしらの原因が有ります。それを理解していれば恐れるに足りません。

外部からの侵入についても超高気密なお家だと侵入できる経路は限られます。玄関ドアや勝手口など毎日出入りする場所以外からの侵入は考えにくく、自然豊かな近隣環境とか、虫さんたちが飛翔する時間帯の出入りを除けば普通のお家とは比較にならないくらい虫さんが気になりません。

これは女性にとって、温度や湿度とはまた違った快適さを得られる大切なポイントになります!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です