何事にも基礎は大事

皆さんこんにちは!
異常な暑さとの戦いの日々が続いております、からちゃんです!

暑い日には冷たいぶっかけうどんが最高に美味しく感じますね!!!
レモンを絞り、大根おろしも混ぜて一気に食らい付く、たまりません!!!連日暑い日々が続いておりますが、現場の職人さんは現場を進めて下さり、本当に頭が上がりません!

休憩の時などは日陰で休みたくなりますが、基礎工事では日射を遮るものがなく、大変危険です(^^;今日は基礎について少しお話を!

基礎は鉄筋コンクリートが使用されますが、これまた暑すぎると基礎の品質に関わってくるので注意が必要です!

基礎はコンクリートと水の水和反応によって強度が高まりますが、夏の暑さで乾燥が早まってしまうと基礎の強度が十分に出ず、急激な乾燥は表面のひび割れにも繋がります。ひびから水が回ってしまいますと、中には鉄筋が入っておりますのでさび付いて基礎が爆裂するリスクもあります。そのため、基礎コンクリートを打設してからは、散水を行う湿潤養生を行い、コンクリートの表面が乾かない様に養生し、最低でも7日間は養生期間を確保しております。

基礎の品質を確保するためにはこの湿潤養生が肝になるといっても過言ではありません!!いかにコンクリートを湿潤な環境におけるか否かが大事なのです!!基礎の遣り変えは大変ですので、最初にしっかりとした工事を行う必要があります!

何事においても基本に忠実に行う事は大切です。家もまた然りで良い基礎の上には、良い家が出来る、そう思うのです。

暑い日々が続きますが、倒れない程度に張り切って参りましょう!!
ありがとうございました!!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)