意外と盲点💦 エアコンの真実

こんにちは。WELLNEST HOME 現場部隊 山ちゃんです。


遂に四国も梅雨が明け,猛暑というより酷暑な毎日
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

日本中、エアコンがフル稼働であろうこの時期に
どうすれば少しでも快適に生活できるか考えてみましょう。

キーワードは“湿度”と“日射”

【湿度】
空気中に含めれる水分の割合で、“蒸し暑い”は湿度の問題です。
某国内大手空調メーカーさんのホームページにもありますが、同じ温度でも湿度の違いによって人の感じる“暑さ”は変わり、熱中症などの健康被害の大きな原因の1つです。ちなみに、湿度を20%下げると体感温度は4℃下がるともいわれているので、特に冷房の風が苦手という方はまずは湿度コントロールに注意してみてください。

【日射】
室内に降り注ぐ陽ざしの事です。
冬はポカポカと快適な陽ざしも、夏には暑さをもたらす何物でもなく・・・。
近年では建物デザインの先行により屋根の出(軒)がない家、窓の上の小さな屋根(庇)のない家が多いような気がします。まずは、よしず や すだれ、シェードなど外側から陽ざしの侵入を食い止めることが何より効果的です。

ちなみに・・・小難しい内容になりますが、室内に降り注ぐ陽ざし
これってどのくらいのエネルギーがあるか考えたことありますか?
いろいろな条件により違いはありますが、わかりやすく掃き出しの窓から入る日射を例にとると約1000Wほど・・・って、電気ストーブくらいあるじゃないですか!💦なので、日差しを入れながら冷房をかけているリビングは、ストーブつけながら冷房をつけているのと同じことになります。

皆さんも一度、ご確認を。

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)