お年寄りはなぜ熱中症になりやすい?

こんにちは!ウォーリーKです!

梅雨明けとともに一気に気温が上昇した日本列島。連日ニュース番組でも熱中症に関する報道が流れています。尋常ではないこの暑さ、無理は禁物と朝の天気予報とともに日中の気温によっては行動自粛を促しています。しかしこの判断は自己判断にゆだねているため、判断基準をどれだけ正確に知っているのかが重要になります。

ところが、行動自粛と言ってもそれは屋外へ出ないようにとの注意喚起です。屋外で熱中症になるまいと外出を控えても。屋内で熱中症になるイメージをコツ人は少なく、甘く考えていると取り返しのつかない自体にもなりかねません。

とりわけ独り暮らしのお年寄りや、同居していても昼間は家族が学校や仕事にで出かけ独りになる家庭は要注意です。お年寄りはあまりエアコンを使いたがらない傾向にあるからです。これはお年寄りが我慢強いのではなく、体温を調整する機能が加齢により低下しているためです。そのため暑いという感覚が鈍り若い人にとって丁度いい涼しさも肌寒いと感じてしまうようです。

本来なら暑いと感じれば汗をかいて体温を下げようとしますが、汗をかかない身体は体温を下げず身体に熱をためたままとなります。お年寄りはこの段階では暑いと思っていないため、エアコンなどを使って室内環境を整えようとはぜず、益々身体に熱をため込む悪循環に陥ってしまいます。

この状態が熱中症です。

体調不良に気付かぬまま身体の言う事が効かなくなると、周りに誰もいない状況では重篤な事態に陥ってしまいます。

予防策として重要なことは正しい室温を知るということです。このところの猛暑は網戸にしたり扇風機で凌ぐ域を超えていると言えます。お家の中数カ所に室温や湿度を表示し、鈍った感覚には頼らず室内環境を認識するように心がけてください。

高齢者の注意点として次のようなことが有効です。

・のどの渇きに関係なく定期的な水分補給を行う
・一日一度は汗をかく適度な運動を行う
・目の届く場所に室内の温度湿度を表示する

どれも難しいものではありません。命にかかわるほどの暑さですから、この機会にご家族でしっかり話し合いましょう!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です