この季節、桜で想うこと

みなさん、こんにちは!
くうねる・サンダンスです。

まだ4月に入ったばかりですが、もう花見のシーズンも終了ですね。
そして桜と言えば入学式なんですが、今年は桜の花も散ってしまって、なんとなく寂しい入学式になりそうと、先日学校の先生も悲しそうにおっしゃっていました。

以前ゴールデンウイークに青森に行った時に、弘前城の桜がそれはもう素晴らしく満開で、1年に2回花見が出来て得した気分になった記憶がありました。

でも、今年はその東北地方の開花予測は4月中旬ということで、毎年コロコロ変わる気象に左右されて、全国で桜まつりイベントを企画する方たちの苦労がしのばれます。

それはそうと自分で言うのも何ですが、けっこう全国各地の桜を見てきた僕が一番の花見スポットと思っているのが地元香川県の西の方、荘内半島にある紫雲出山(しうでやま)山頂の桜です。

全国各地にある有名なスポットと比べると、桜の木の本数や賑わい度もたいしたことは無いのですが、僕の愛する瀬戸内海のマリンブルーと宝石のような島々をバックに、満開となった桜の花たちの淡いピンクが映えてそれはもう絵になります!(お約束のようなキャッチコピーですが、旅行代理店の回し者ではありませんよ(笑))

今シーズンはもう終わりですが,、機会のある方は来年是非行ってみてください。

クルマで行くと山頂の駐車場が混んじゃうので、足に自信が有る方は、海岸から山頂まで徒歩で登ってみるとまた格別ですよ!

この季節はさくら〇〇と名の付く食べモノもいろいろありますよね。
桜餅、桜鯛、サクラマス、桜茶、桜エビ...
あー書いててお腹すいてきた(笑)
他には、桜塩漬け、桜肉(これはちょっと関係ないかな?)、さくらてりたまバーガー(食べたことない!)、さくらももこ、櫻井翔、桜金造(?だんだん食べ物に関係なくなってきた)

ちなみに桜という名の入った有名人が一番多いとかそうでないとか...やっぱり、桜やその花の咲く季節は日本人にとって大切な存在なんだと思います!

将来、続く異常気象によって桜の咲かない時代が来て、その原因が人類だなんてことないよう、心がけたいものです。

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です