絶対湿度と相対湿度のおはなし

こんにちは!なかやまです!

今回は、私たちの取り扱う超高性能住宅とは
切っても切れない関係の『湿度』についてのお話しです。

一般に人間が快適と感じる湿度は40%~60%だと言われていますが、
それはあくまで冬の話です。人間にとって快適かそうでないかは、
その時の「気温」と「絶対湿度」が決め手になっています。

では絶対湿度とは何か??
「絶対湿度」とは気温に関係なく、実際に空気中に含まれる水蒸気量のことを言います。単位は「g/㎥」です。つまり、空気1㎥の中に何gの水蒸気が溶け込んでいるかを表しています。

これに対し、「相対湿度」がありますが、これは馴染み深いものですね!こちらはその時の気温に対して、その時の大気がどのくらい湿っているかを表しています。天気予報の湿度○○%はこちらの「相対湿度」を使っています。

例えば、
日本の夏は気温が30℃を越え、蒸し暑くなりますが、
「相対湿度」が40%以下であれば快適に過ごせると言われます。
湿度が低ければ汗をかいてもすぐに乾いてくれますから、
蒸し暑さを感じなくなります。

ここで重要なのは、空気そのものの乾燥度合いを決めているのは、
「相対湿度」ではなく「絶対湿度」ということと、人間が快適と感じる環境も「絶対湿度」と「気温」で決まるということなのです。

ポイントだけ絞ってご紹介しましたが、まだ分かりにくいなとか、
もっと詳しく知りたいなという方はお気軽にご連絡ください!

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)