壁紙の新商品展示会 @ WALL PARER HOUSE

みなさん、こんにちは ☆☆
インテリア・コーディネート担当のきゃなころです。

最近は以前に比べると少し暖かくなって来ましたね!
春が待ち遠しいものです ♪( ´▽`)

先日は、WALL PARER HOUSE×SANGETSU 壁紙新商品展示会とセミナーに行って来ました。

ハイムテキスタイルメゾンアンドオブジェ2018の内容と
それに絡めたサンゲツの新壁紙見本帳の案内がメインとなっていました。

今年のテーマは、トレンドを社会問題から読み解く「都市化共同体づくり」ということで、エンドユーザーの「自我」がどんどんと強まる中、今世紀末には人類のほとんどが都市に移動し、どんどん生活空間が狭くなっていく中で、どのようにインテリアが関わっていけるか?という、非常に興味深い内容でした!


都市へ都市へ行くにつれて、人が癒しやリラックスを感じることが出来る森林や緑が減る。また排出するゴミもどんどん増加する。
そこで自分たちが暮らす狭小空間の中に森林(インテリアグリーンを多数)を取り込み、廃材や余ったもの・ゴミになるものをリサイクルしてどれだけ格好良く見せられるか?などの内容が、とても注目されているようです。


そのキーワードを取り入れたデザインをたくさん見せていただき、刺激にもなりましたしとても充実した時間となりました(^^)

中でも『アーバンオアシス』という言葉が非常に多く出て来ました。
都市でも自然の癒しをインテリアで補うということで、
それに絡めたサンゲツさんの壁紙の新商品展示!

オススメをいくつかご紹介したいと思います ^ ^

こちらは、日本の侘び寂びを感じさせる、アーバンオアシスのデザイン!
一面に、日本の障子の格子から透けて春に桜の花が見えるという物語のある壁紙です。障子のないモダンな洋和室の壁面に少しポイントに持って来ても良いですね〜

2枚目は、廃材をモチーフにした壁紙。今年のトレンドである濃いブルー(ミッドナイトブルー)も取り込んだトレンドの1枚!
アクセントにとっても綺麗なお色です。

3枚目は、藍染絞りをデザインアップサイクルした1枚。
壁紙とは思えない仕上がりで、質感もとても綺麗でした。
和の空間だけでなく、様々な空間に使えそうです!

ラストは、本物の麻の壁紙!
実際の麻も見せていただきながら、非常にイメージしやすい紹介でした ^ ^
他にも本物のコットン壁紙など、本物志向もますます強まっているようです。

以上、壁紙の展示会の様子をちらっとお見せしましたが、
いかがでしたでしょうか?♪( ´▽`)

今回も、ご提案してみたい壁紙がたくさんあって、終始テンションハイでした⤴︎
WALL PARER HOUSEさんのショールームは片原町にあるので、
是非ご興味ある方は足を運んで見てください☆

自分だけの運命の1枚が見つかりますよ ♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた☆
きゃなころ でした (・ω・)ノ

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)