うどん県改め、ため池ソーラー県!

みなさん、こんにちは!
くうねる・サンダンスです。

最近、写真のような風景を見かけるようになりました。
香川県にお住まいの方ならご存知、どこにでも有る“ため池”ですね。

香川県のため池は面積当たり日本一ですからね!本当にそこら中に有ります。(言い過ぎかな) (笑)
1200年も前に弘法大師(空海)が干ばつに苦しむ農民のために、それ造れ、やれ造れと、怠けていた農民にはっぱをかけて造らせた、日本最大のため池があるくらい香川はため池天国です。

でもこのため池、何かが違う!と、興味をそそられ車を止めました。
ちょっと分かりづらいかもしれませんが、池に何か構造物が浮いていますね。
近寄ってみると、なんとソーラーパネルがみんな隊列よろしくきれいに並んで池の水面に浮いていたんです!

正直最初は、池で鯉の養殖でもしていて、その養殖いかだかなんかかかなと思ったりしましたが、こんな整然としたいかだを漁業組合のおじさんたちは造らないだろうなと思いなおしました。(漁業組合のおじさんたち、すみません。悪気はありません。)

いわゆる、水上メガソーラー発電所なんです。
池の上とはまたいいところを見つけましたよね。
川でもなく、海でもなく、湖でもない、池ですよ!
波もほとんどたたず、水量も安定していて、おまけに水冷で発電効率が下がらないし、将来にわたって日射を遮るものは建たないし、いい事尽くしです。

造成工事はいらないし、ただ浮かべるだけ!(本当はそんなに簡単ではないのでしょうけど)調べてみると、この池だけで一般家庭840世帯分の年間消費電力を賄っているとのこと。
いいです!GOODです!
どんどん、池にソーラーパネル浮かべましょう!なんならすべての池に浮かべたら、香川県の電力、間に合っちゃうんじゃないのと思いません?(そんなことは無いか)

でもちょっと心配なことが有りました。
メンテナンスは、バラエティー番組よろしく係の人がバランスを取りながらパネルの上をぴょんぴょん飛び渡ってするのかな?最後まで落ちずに渡れたら優勝とか?冗談はさておき、雨が降りすぎて、あるいは大地震で、池が溢れたり決壊したらどうなっちゃうんだろう!
そこら中を高価なソーラパネルが流れていっちゃうんだろうか?

うーん、どんなことにもリスクは付きまとうなあーと感じた水上ソーラーでした。どうか、これ以上異常気象がおきやすい世界になりませんように!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です