唐澤、建て方へ行く!!

皆さん、こんにちは!砲丸投げ一筋10年のからちゃんです!
先月のお話ですが、綾川の現場にて建て方が行われました!!!
唐澤、駆けつけました!

建て方、、、それはお施主様にとってまた、家を建ててくださる大工さんにとってとても大切な一日です。
1日で家の骨格が露わになります。あっという間に組みあがる柱、梁、屋根、家を建てるとしたらずっと張り付きたいですが、上棟の日は1日中張り付いていたい、それくらい見ていてワクワクしますし、迫力は圧巻です!
棟木と呼ばれる、屋根の一番上にくる部材を取り付ける事を棟上げ、上棟と呼びます。
それにしても夕日に映える姿は美しいですね!

大変暑い中ではありましたが、懸命に家を創り上げてくださる職人さん方には頭が上がりません。
家を建てるのは私たちではなく、全て職人さんの手によって造られます。いつまでも感謝の気持ちを忘れずに行きたいです。

現場ではヘルメット着用しなければいけません。私は赤いヘルメットを被っており、職人さんからは「群馬の赤ヘル」と呼ばれることもしばしば(^^;(横浜ベイスターズファンです、、、)

建築についてももちろんですが、現場では職人さんが懸命に家を建ててくださっている。現場でしか分からない事、吸収できる事は沢山あります。今後も足繁く現場に通い、一刻も早く一人立ちできればと思います!

今回はこのへんで!!
読んで頂きましてありがとうございました!

次回「唐澤、気密測定へ行く!!」
乞うご期待!!!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です