木を腐らせないで!

みなさん、こんにちは!
くうねる・サンダンスです。

香川県でもここ何年かでチャリダーというかサイクリストの人たちの数、増えましたよね。

かく言う僕も、2年ぐらい前までマウンテンバイクのタイヤを街乗り用に変えて、ほぼ毎日ツーキニスト(通勤にチャリ使う人のことです)してました、っていう過去形のところが残念! 今は断念♪ そして2年♪ ラップ調で(笑)

特に高松市は昔から自転車人口が多くて、アーケード街なんかを縦横無尽にここは中国か!と思えるぐらいの自転車がひしめき合っていました。

でも何故かスポーツバイクに乗っている人は少なくて、ほとんどがママチャリの街乗りでした。だからかどうかは分かりませんが、香川なんて地形が平坦で走りやすいのにもかかわらず、郊外のサイクルロードは他県に比べて少なく、整備もされませんでした。

うどん県として名が馳せて、他県の人中心にうどん店めぐりツーリングが流行りだして、ようやく県民もチャリダーに目覚めたっていう感じですかね。

で、最近流行りの「カフェなのか本屋なのかどっちやねん」のお店で見つけたのがこれです!

サイクルショップなどではよくある駐輪スタンドですが、木製のものを見たのは初めてでした。自分でも作れそうと思ったのは僕だけ?2×4材が一本あれば出来そうですね。

木製ってやっぱり建物に馴染みます。そしてシンプルな形ながら、玄関先に有ればシンボルアイテムになりますよね。バイシクルの文字と自転車の焼印もGOODです!

でもちょっと残念だったのは、木材に防腐処理がされてなさそうだったこと。外部に置くものなので、腐らないようにするのは必須です。

木構造の住宅においても、構造材を腐らせないことが建物の耐久性を高めるだけでなく、耐震性を維持することで安全な暮らしができる大事なポイントです。

低燃費住宅ではハウスガードシステムの採用によって、住まいという大事な財産を守り、ご家族の大切な命を守ります。

「ハウスガードシステム」、「緑の柱」、「自転車の変速機レバーが車のシフトレバーくらいに大きかった時代」についてご興味のある方は、個人的にお話いたしますので、お気軽にお問い合わせくださいね!

お気軽にご相談ください。フリーダイヤル:0120146711

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です