さあ棚卸しをしましょうの巻

マイホームプランに於いて、多くの女性が収納に関する悩みを口にします。

私の経験上から言える事は、みなさんとても深刻に考え過ぎてしまっていると言えます…。では、なぜそんなに心配をするのでしょうか?

今現在お手持ちのアイテム数と、今後増えるであろうアイテム数が、どの位の量になるのか、標準的な収納量が分からないため、必要以上に収納を確保したい思いが強く働いてしまうからなのです…

ここで言える事は、誰しもが快適な暮らしを求め、プランに夢を馳せるのですが、物のために必要以上のスペースを確保することは、本来の目的である豊かな暮らしとは言えません。

収納を考えるに、適材適所を考える前に、適量を知るということが大切です。
そこで行うべき事ですが、手持ちのアイテムの棚卸しを行うのがよろしいかと思います。必要なものとそうではないもの、そしてどちらなのか分からないものと、三つのカテゴリーに分けて見ましょう!

今後使わないと判断したものは、新居に持ち込む必要がなくなるので、アイテム数がぐっと少なくなります。次に、どちらともいえない物ですが、取り敢えずの保管場所があればいいと割り切りましょう。保管箱に一まとめにし、物置に収納すればOKです。但し、どの箱に何をしまってあるかのリストは作成しておきましょう!

こここにしまう箱を、アイテムの保管期間3ヶ月、半年、1年といった具合に仕分けしておけば、期間内に取り出すことのなかったアイテムは、処分してしまってもいいくらいの物ですから、ますます荷物の量は減ります。

残った(残した)アイテムの収納先を考えるだけでいいので、随分スッキリしたお収納計画が行えます。

お引越しまでの数ヶ月、じっくりとトライして下さいね‼︎

ウォーリー.k

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です