憧れのドラム式洗濯機の巻

私の憧れの一つに、ドラム式洗濯機をキッチンに置く!間取りというものがあります。


これは、幼少の頃に見た海外ドラマの家庭に登場する、キッチン並びのドラム式洗濯機に衝撃をうけたためです。当時は、ドラム式洗濯機なんて見たこともなく、かなりのインパクトだったことを覚えています。
もう随分昔のことなので、なんというタイトルの映画なのか忘れてしまいましたが…。わが家ににおいても、洗濯機を買い換えるたびに思い出す、未だ実現していない間取りです。

最近では、間取り相談の中に、このドラム式洗濯機が度々登場するようになりました。その際、お客様から
『洗濯機はキッチンにお願いします』
と言われないかと、いつもドキドキします。

日本のご家庭では、洗濯機が浴室の隣に計画されるプランが多いと思います。
これは、入浴前に脱いだものを洗濯機へセットできる点で、実に合理的ですね。
ところが、実際はおしゃれ着や肌着、汚れ物と、衣類の洗い分けのための仕分けが必要になります。
なんでも一緒に洗濯を行うご家庭は、それほど多くはないのではないでしょうか!

そう考えると、洗濯機は浴室近くでなくてもいいのではということになります。
生活様式の変化とともに、日本でもドラム式洗濯機が普及しています。
家事コーナーやランドリールームなど、色々と夢がふくらみますね!
いずれにせよ、この時気をつけておきたい点が一つあります。
それはドアの開き勝手です。
右に開くのか(右吊り元)、左に開くのか(左吊り元)
この向きにより、使い勝手が変わるので、ポイントになります!

お手持ちの洗濯機を当面の間使用するのであれば、洗濯機の開き勝手にあわせたプランニングを、お引っ越しの際に買い換えるのであれば間取りに合わせた開き勝手での購入を行いましょう‼︎

冷蔵庫も同じことがいえますので、ぜひ覚えておいてください。。。

ウォーリー.k

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です