桜が消える??

みなさん、こんにちは!
くうねる・サンダンスです。

高松市の多肥上町には低燃費住宅のモデルハウスがありますが、その近くに櫻木神社という名前の行くならまさに今でしょ!

という感じで、その名に恥じない桜並木がとてもきれいな参道の神社があります。
写真はその神社の門前の桜です!ちょっともう散りかけているので、今が盛りという感じではないですね。

僕が好きなのは、春風にはらはらと散りゆく桜の花吹雪の中を散歩することかな。春ですねえ~。

桜とえばソメイヨシノですが、ソメイヨシノの南限は種子島だそうです。大晦日の紅白で沖縄からは桜の便りが...の桜は別の品種だったんですね。でもその南限がもっと南にあがってくるかもしれないとのことです。

今年の九州の桜の開花前線は、逆に北から南に降りてきているという例年にはない異常なことになっているみたいで、熊本の桜はまだ3分咲きらしいです。もしかしたら完全には開花しないのではとさえ言われています!

桜が開花するには条件があって、春先の寒さがあってこそ。ということはご存知の方も多いのではないかと思いますが、ここにも地球温暖化の影響が出ているのかもしれません。

今を生きる僕たちは、未来の子供たちのために持続可能な社会を作っていかなければいけない使命がありますが、それは桜も咲かない、季節もない社会であってはならないと思います。

舞い散る花吹雪の中を感傷にふけりながら歩くことができる社会を持続させるために僕らはいったい何をすべきか? 何ができるのか?みんなで考えていきたいものです。

 

 

お気軽にご相談ください。フリーダイヤル:0120146711

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)