03:ドイツ設計士監修の「TNPヴォーバン丸亀」

理想の街「ヴォーバン住宅地」

 

TNPヴォーバン丸亀は低燃費住宅初めての賃貸住宅。低燃費住宅の原点であるドイツのある住宅地をベースとした一棟です。

   

A:メゾネット(1・2階)
 (79.5㎡)
B:1階・1K
 (29.4㎡)
C:2階・1LDK
 (50.5㎡)
D:2階・3DK
 (61.9㎡)
E:1階・2LDK
 (55.5㎡)

Model House -STORY-

「ヴォーバン」とは「ヴォーバン住宅地」に由来しています。ヴォーバン住宅地は、環境先進国といわれるドイツのなかでも、もっとも先進的な都市、フライブルグにあります。

元軍用施設の跡地38haをフライブルグ市が分譲し、都市計画の段階から「エネルギー計画」「Co2排出削減」「省エネ住宅」などの対策を行い環境面だけでなく経済的にも持続可能性の実現をめざし開発した新興住宅地です。

実は、この地域には私たち低燃費住宅スタッフも研修として赴き、移動含め、約一週間の滞在で、その素晴らしさを五感全てで感じてきます。

「ヴォーバン住宅地」には緑が溢れ、穏やかな時が流れ、子供たちを安心して遊ばせることができる配慮がなされており、まさに理想的な住宅地でした。

その「ヴォーバン住宅地」にて賃貸住宅を設計したのがフェルディナンド・ビゼリさんと言うドイツの建築家でエネルギー・設備設計エンジニア。ビゼリさん監修のもと、高性能な空調設備を設置し、最適性能を引き出して建築したのが、2016年に建てられた賃貸住宅「TNPヴォーバン丸亀」です。

賃貸で視察中のフェルディナンド・ビゼリさん

TNPヴォーバン丸亀(賃貸)

香川県丸亀市土器町西三丁目370番地

入居案内受付中
見学の場合〈要予約〉
11:00〜17:00(水曜定休日)

*始まりの「伏石モデルハウス」
*世界に認められた「国分寺モデルハウス」
*宿泊体験について

Share