02:世界に認められた「国分寺モデルハウス」

プラスエネルギーハウス

 

国分寺モデルハウスはプラスエネルギーハウス。2013年に完工以来、世界に認められ続けた一棟です。

Model House -STORY-

プラスエネルギーハウスとは、圧倒的な性能を兼ね備える住まいで、年間を通してエネルギー創出がエネルギー消費を上回っていることに由来。

完工した年の2013年10月31日には、日独シンポジウムが開催され、その前日に、ドイツ連邦政府のドイツ国交省事務次官である、ハンス=ディーター・ヘグナー氏が高松オフィスに訪れ、国分寺モデルハウスを視察。

高松オフィスに訪れたヘグナー氏(中央部分)との集合写真
日独シンポジウムにて演説するヘグナー氏
シンポジウムにて集合写真。 左から二番目:低燃費住宅 早田顧問。 左から四番目:ヘグナー氏。 右端:低燃費住宅 石川代表

さらに、3年後の2016年7月には、世界的なシンポジウムである建築メッセBAU(※1)ミュンヘンの一環として行われた、ドイツ環境建設省主催によるプラスエネルギーハウスネットワークシンポジウムにて唯一国際的な事例として、この国分寺モデルハウスがポスターにして展示されました!

(※1)2年に一度、ドイツにて開催される国際建築・建材・建築システム専門見本市。東京ドーム約4個分に相当する敷地で世界41ヶ国から 2,060 社以上が出展する欧州最大級の見本市。

国分寺モデルハウス

香川県高松市国分寺町福家甲3855-2
11:00〜17:00〈要予約〉
水曜定休日

*始まりの「伏石モデルハウス」
*ドイツ設計士監修の「TNPヴォーバン丸亀」
*宿泊体験について

Share