01:始まりの「伏石モデルハウス」

変わらない性能を証明

 

伏石モデルハウスは低燃費住宅として初めてのモデルハウス。
2012年に建てられ、当時のスタッフにとっても思い入れある一棟です。

Model House -STORY-

当時の工事に関わったスタッフは「初の低燃費住宅の設計!これまで見える部分にこだわりを持って設計していましたが「見えない部分にこだわること」の方が大切だ」と気づいた設計だったと語っています。

伏石モデルハウスが建てられ4年が経過した2016年には性能がどれほど維持できているかを調査。
調査したのは「気密測定」という、屋内の気密を測る検査。低燃費住宅において、断熱と同じくらい大切な要素です。

2012年当時の数値は「C値0.1」でした。
そして、2016年7月4日、建築当初とほぼ変わらない「C値0.1」を計測!
この4年間、規模は小さいながらも何度か地震を経験しております。台風も来ています。それでも、低燃費住宅が4年経っても、ほぼ劣化しないことを証明した数値です!

伏石モデルハウス

香川県高松市伏石町2052-23
11:00〜17:00〈要予約〉
水曜定休日

 

*世界に認められた「国分寺モデルハウス」
*ドイツ設計士監修の「TNPヴォーバン丸亀」
*宿泊体験について

Share